OSAKA観光

2012/11/24

HUBchariでめぐる住吉区④~本格インド料理 ガンジス~

※現在、住吉区の拠点営業は終了しています。ご了承ください。

今回御紹介するのは本場のシェフが作るインド料理のガンジスです。

我孫子にオープンして、もうすぐ五年。
先月には天王寺に二店舗目をオープンしました。

インド料理というと思いつくのはカレーです。
当店で選べる辛さは「甘口、普通、中辛、激辛、激辛+1、激辛+2」という順番に辛くなります。
全てのカレーがお好みの辛さに対応できますが+2より辛くすることは味に渋みが出てしまうため
お断りしてるそうです。
美味しく食べてほしいという拘りが見えますね。

またカレーの種類によってデフォルトの辛さも違います。
本場カレーということで確かに日本製のカレーよりは辛いですが甘口は本当に甘いです。
しかし味を損なうことなく甘くされてるので安心ください。
辛いのが苦手な方でも美味しく召し上がれますよ。

それでは写真つきで御紹介しましょう。

4-1

写真はランチコースのCコースです。
Cコースはカレーが三種類(日替わり、野菜、チキン)からお選びできます。
炭火焼料理、サラダ、サフランライス、ナン、ドリンク
がセットになっていて1150円になります。
写真はチーズナンで+150円すれば変更できます。
僕はいつもチーズナンを選びます。
そのままでも小麦の自然な甘みが香ばしいナンはとても美味しいのですが
カレーと、トロトロでアツアツのチーズの組み合わせは最高ですね。
ちなみにナンは、おかわり無料ですよ!

4-2

こちらはカウンター席になります。
インドの小物やお酒などが並んでいます。
スーツ姿や派手な格好の女性など様々な年齢でお一人のお客さんも多いですね。

4-3

こちらは店の外観になります。
インドの国旗の色が目安で分かり易いです。

4-4

この日にいたシェフの皆さんウェイトレスの方々の集合写真を撮らせていただきました。
皆さん、とてもノリがいいです。
写真撮られるの好きだそうで快く承諾してくれました。
ちなみに奥には座敷があります。

シェフ達は全員、インドとネパールの本場プロの方々です。
店長兼ウェイターの方もインドの人ですが、とても日本語が上手でほぼネイティブと変わらないでしょう。
写真のウェイトレスのお姉さんは日本の方です。

席数は40で座敷14、カウンター4、テーブル22まで入ることができます。
予約も可能。

食べ放題コースも複数あり1980円~
飲み放題コースも二種類二時間で1200円~
どちらも四名様以上で全員がご注文の場合に限ります。

定休日はありません。
ランチ時間11:00-15:30(LO15:00)
ディナー時間17:00-23:30(LO22:30)
専用駐車場無し

ランチコースはAランチ750円~を始め五種類
お子様セット580円もございます。

ディナーコースはサービス日替わりセット980円を始め
スペシャルタンドールディナー3800円などの豪華なコースまで複数あります。

日本、インドやネパールのビールにワイン複数
焼酎に日本酒にチューハイ、カクテルにウイスキー
チャイにコーヒーにラッシーにジュースなども沢山あります。

選べるカレーは
チキン6種、マトン4種、シーフード5種、野菜6種で
計21種類のカレーからお選びいただけます。

豪華なディナーコースは本当に量が凄いです。
女性や胃の小さい方には完食は厳しいかもしれません。
しかしご安心を!
食べきれなくて残った分は、言えば綺麗に包んで貰えますので
持ち帰って後で食べることもできます。
当然、持ち帰る分の費用は一切かかりません。

場所について


大きな地図で見る

御堂筋線あびこから近いのでアクセスしやすいです。

またお店の方からは
座敷は掘りごたつ式になっていますので、ゆっくりくつろいでいただけます。
パーティープランや予算に応じたメニューもおつくりします!
お気軽にご相談ください。

とのことでした。

こういった予算に合わせた融通を聞いてくれるのは嬉しい事ですね。
また辛さについても甘口と普通の中間ぐらいとかの融通も聞いてくれます。
味もですが、このお店はとてもサービスが良くて愛想もいいのでそこも人気の秘訣でしょうか。

そのほか、詳しい料理や値段についてはHPをご覧ください。→ガンジス
注意:HPには載ってない、または実店舗メニューには載ってないコースや料理なども少しあります。

ちなみに僕は週1ぐらいで通ってます。

あびこでお腹が空いたと感じたら是非立ち寄ってみてください。

 

2012/11/16

HUBchariでめぐる住吉区③〜100円ショップ realize〜

※現在、住吉区の拠点営業は終了しています。ご了承ください。

今回御紹介するのは100円ショップリアライズです。

100円ショップというと、こんなものが100円!?という驚きや発見もあり
庶民の心強い味方となっていますよね。
物によってはスーパーで買うより安かったり、食料品の品数ではさすがに勝てないものの
その他の雑貨や日用品が豊富に置いてあるのも魅力であります。
安さに釣られて、ついついあまり必要のないものまで買いすぎてしまった人もいるでしょう。

御紹介するリアライズはキャッチコピー
for kitchen & living
にもあるようにキッチンやリビングの生活雑貨に特化したショップです。
食料品は置いてありません。

近年、100円ショップも数が増えて置いてある商品にも驚くこともなくなりましたが
リアライズの商品は、こんな可愛い物が100円!?と驚くようなものばかり。

それでは写真での御紹介

3-1

この日は開店前から待ち、お客さんの少ないうちに撮影を済ませようと思っていたのですが
開店前から既に開くのを待ってるお客さんが数名。
外から見て初見の人は、100円ショップというよりはオシャレな雑貨屋さんと見えるでしょう。
太陽光により店名が見えづらいですね。スンマセン。
次に店内へ。

3-2

見る見るうちにお客さんが増えたため、店内撮影はこの一枚のみで断念しました。
本当はもっと色々店内写真にて紹介したかったのですが・・・スンマセン。
いつもお客さんが多いショップですので、ある程度予想はしてましたが
これほどまでに早いとは驚きでした。

企業理念である
100円ショップらしくない100円ショップを見事に体現できてると思います。

営業時間 10:00~21:00
定休日は不定休
HPあります→only1 & realize

場所について


大きな地図で見る

あびこ商店街入って真っ直ぐ進めば左手にあります。

季節やイベントの雑貨も取り入れています。
撮影日はクリスマス雑貨が店頭に並べてありました。

店舗スタッフさんからは
是非、商品を手に取って見て欲しいとのこと。

店内写真は一枚しか撮れませんでしたが
あれですよ。自分で見に行く楽しみが増えたとでも思ってください。
ワクワクしませんか?
関係ないけど、つくってあそぼのワクワクさん元気かな・・・。

2012/11/14

HUBchariでめぐる住吉区②〜10円まんじゅう 茶屋まんじゅう本舗〜

※現在、住吉区の拠点営業は終了しています。ご了承ください。

今回御紹介するのは、あびこ商店街内に創業6年の茶屋まんじゅう本舗です。

こちらでは名前のとおり、まんじゅうを始めとした和菓子を扱うわけですが
驚くべきはそのお値段。何と一個10円代のまんじゅうです。

10円代の和菓子の一部を御紹介しましょう。
香ばしい香りの、つぶあん入り焼き餅!
中にタレが入っているので手にタレがつかない、タレ入りみたらし!
そして茶屋まんじゅう本舗と最もオススメする、黒糖まんじゅう!

10円とか機械による大量生産で味は大したことないんじゃないの?
そう思った貴方。それは大きな間違いですよ!

和菓子って美味しいけど高い。
そんなイメージを無くし、もっと身近にもっと気軽に和菓子を楽しんでいただきたいと願いを込めて作ったのが茶屋まんじゅう本舗なのです。

特に僕もオススメする10円黒糖まんじゅうは
外はモチモチで中はこしあんがタップリ。
あんは甘味を抑えてるので沢山食べても重くありません。
一口サイズなので目の前にあると、ついつい手が伸びてしまいますね。
この黒糖まんじゅうだけで一日平均1000個近く売れるそうですよ。

また基本的に10個入り1パックずつで販売してますが、店員さんに言えば一個から販売してくれるのも嬉しい。
小さいお子さんが10円玉握りしめて買うこともできますし、お土産等に好きな個数買うことも可能です。

それでは写真にて御紹介。

2-1

こちらが店舗前になります。

2-2

このように10個入り1パックで並べられています。
1パックに二種類の菓子が入ったミックスもあります。

2-3

店舗に入って奥に行くと二人が座れるソファーとテーブルがありますので中で食べることも可能です。
写真左手前に見えてますが無料のお茶も備え付けられており
テーブルには灰皿も置いてあるので商店街散策や買い物の間に休憩する事もできます。

場所について


大きな地図で見る

商店街に入って少し進んだ左手にあります。
定休日はありませんが年始1日と2日だけは休むそうです。
営業時間は午前10時~午後20時まで。
HPもあります→茶屋まんじゅう本舗

お土産にもオヤツにもオススメなので是非気軽に寄ってほしいとのことでした。

実際、僕はよく買います。
串団子買って食べ歩きもしてますし季節限定の和菓子もあります。
夏は自家製アイス最中がオススメですね。
あびこにお越しの際は是非覗いてみてください。

 

2012/11/08

HUBchariでめぐる住吉区①〜大聖観音寺編〜

※現在、住吉区の拠点営業は終了しています。ご了承ください。

観音宗総本山で安彦観音寺、我孫子観音、あびこ観音とも呼ばれます。

創建は546年。

日本最古の観世音菩薩の寺院とされ、厄除の寺として知られています。

毎年2月には節分厄除大法会に厄除護摩加持祈祷で大変多くの人で賑わいます。

大阪在住で地下鉄を日頃から利用される方は市内中の駅構内にもポスターが貼ってあるので聞いたことはあるのではないでしょうか。

周辺には出店も立ち並び祭り事としても非常に楽しめます。

それでは写真にて御紹介していきましょう。

1-1

正門になります。

横に見えている巨大な木は樹齢800年の楠木です。

それでは中に入ります。

1-2

境内はとても広く開放的になっています。

右手に先ほど紹介した楠木が祀られています。

1-3

写真では迫力が伝わってきませんが本当に大きいです。

それと楠木といえばトトロなわけですが残念ながら木に触れたりすることは出来ません。

どのみち純粋な心を持った子供ではないと会うことはできないでしょうけど。

1-4

正門を抜けて左には喫煙スペースとベンチがあります。

喫煙者としては非常にありがたいですね。

寒くなってきましたが、ここのベンチでノンビリと過ごすのは気持ちいいのでつい長居してしまいます。

このベンチ前の木もとても大きいですね。

奥に見えるのは山門といわれる西側出入り口で、ここからも出入りできます。

1-5

こちらは本堂です。

車椅子の方も参拝できるようになっています。

1-6

常にお守りや札も販売しています。

許可を頂いて写真に入っていただきました。

より詳しく我孫子観音について知りたい方はコチラにて無料であびこ山観音寺物語という冊子を頂けるのでご覧ください。

写真は以上になりますが我孫子観音はとても広いので全てをお見せできません。

気になった方は是非足を運んでみてください。

トイレは正門入る手前の右手にあります。

夜は門が閉まるので入れなくなります。

場所について


大きな地図で見る

地下鉄御堂筋線のあびこ駅より徒歩五分程度です。

寺などに興味がない方でも木のざわめきや鳩の鳴き声を聴きながらノンビリ過ごすにはオススメの場所ですよ。

大通りから少し離れてるので車の音等もあまり聞こえません。

あびこ周辺に立ち寄った際は是非参拝してみてください。

1 2 3
PAGE TOP