使い方と料金

スマート会員利用規約

HUBchariスマート会員 利用規約

アナログ会員利用ルール同意書

HUBchariアナログ会員 利用ルール同意書(PDFファイル)

 

アナログ会員利用規約

HUBchari サービス利用規約

 

第1章 総則

 

(定義)

第1条

本規約における用語は次の意味を有するものとします。

HUBchari NPO法人Homedoorが提供するシェアサイクルサービスの名称
サイクルシェアリングシステム 運営時間内において、シェアリング自転車をポートに入出庫することにより、会員に対してシェアリング自転車の貸し渡しを行うシステム
シェアリング自転車 当社が提供する共同利用のための自転車
ポート 提携先店舗或いは監視員が配置されたシェアリング自転車の保管場所
運営事務局 シェアリング自転車の維持管理、会員の対応を行う拠点および窓口

 

(規約の適用)

第2条

NPO法人Homedoor(以下「当社」という)は、当社が運営する「HUBchari」において、サイクルシェアリングシステムへ入会を希望する個人との間で、本規約に定めるところにより、サイクルシェアリングシステムへ入会するために契約(以下「入会契約」)を締結し、入会した個人(以下「会員」という)に対して、入会期間中、シェアリング自転車を貸し渡すサービスを提供するものとします。なお、本規約に定めない事項については、法令または一般の慣習に従うものとします。

2.当社は、“ご利用の手引き”を作成することができるものとします。本規約と当該“ご利用の手引き”との間に相違がある場合は、当該“ご利用の手引き”が優先して適用されるものとします。

3.本規約は、会員に適用されるものとします。

 

第2章 HUBchariの利用

 

(会員登録及び申し込み)

第3条

サイクルシェアリングシステムへの入会を希望する個人は、本規約を承諾のうえ当社に対して、当社が指定する方法により入会契約の申し込みを行うものとします。

2.サイクルシェアリングシステムへの入会を希望する個人による前項の申し込みに対し、当社が承諾した場合に、入会契約が成立するものとします。

3.第1項の申し込みに対し、当社は、会員に係る運転免許証その他身元を証明する書類の提示及びそれら書類の謄写並びに携帯電話番号等の告知を求めることができるものとし、会員はこれを承諾するものとします。また、入会契約の成立後において、これらの内容に変更等があった場合にも同様とします。

4.会員は、HUBchariの利用にあたり、利用時間に応じて利用料金を提携先店舗或いは監視員に支払うものとします。

 

(会員の表明事項)

第4条

会員は、利用契約の締結に当たり、次の各号に定める事項を、当社に対し保証します。

(1)利用申込書の記載内容に、虚偽の記載がないこと。

(2)自転車の利用者(会員証を携行している者)が会員本人であること。

(3)過去の貸渡しにおいて、時間料金等の未払い、第9条又は第18条に定める禁止事項への違反がないこと。

(4)会員に、麻薬、覚せい剤、シンナー等の中毒症状がないこと。

(5)会員が、暴力団、暴力団関係団体の構成員もしくは関係者又はその他の反社会的勢力に関与する者でないこと。

 

(届出事項の変更)

第5条

会員は、当社に届出た住所・氏名等について変更があった場合には、当社が指定する方法により、当社に届出するものとします。ただし、当社が適当と認めた場合は、当社への電話での届出あるいは当社が適当と認めた書面をもって届出するものとします。

2.会員は、住所・氏名等の変更の通知を怠った場合、当社からの通知または送付書類等が延着または未到達となっても、当社が通常到達すべきときに到達したものとみなすことに異議がないものとします。

 

(利用契約の解除)

第6条

当社は、会員が、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当したときは、事前の通知又は催告することなしに利用契約を解除できるものとします。

(1)この約款又はその他の当社との間の契約に違反した場合。

(2)利用料金その他当社に対する債務の履行を遅滞した場合又は支払を拒否した場合。

(3)自転車の使用において、交通事故を起こした場合。

(4)自転車の使用において、酒気帯び又は飲酒運転をした場合。

(5)当社に虚偽の申告をした場合。

(6)会員が行方不明または連絡不能となった場合。

(7)第4条各号に掲げる表明事項について、いずれかに該当する事実が明らかとなった場合もしくはいずれかに該当するおそれが高いと認められる場合。

(8)前各号に掲げるほか、自転車の使用の継続が不適当であると当社が認めた場合。

2.会員は、前項により利用契約が解除となる場合、直ちにHUBchariの利用に係る会員証を返却するものとします。

3.会員は、第1項による利用契約の解除により当社に何らかの損害を生じせしめることとなった場合、その損害を当社に賠償することに同意するものとします。

 

(不可抗力による利用契約の中途解除)

第7条

利用契約の途中において、天災その他の不可抗力により、HUBchariの全部又は一部が運営不能となり、HUBchariの提供が困難となった場合には、当社は利用契約を終了させることができるものとします。

 

(中途解約)

第8条

会員は、当社の同意を得て利用契約を解約できるものとします。

2.会員は、前項に定めるところにより利用契約を解約しようとする場合には、解約までの期間に発生した料金及び会費等の債務を全額支払うものとします。

3.会員は、利用契約を解約しようとする場合には、当社宛にその旨を届出た後、当社が指定する方法により解約できるものとします。

 

第3章 貸渡手続等

 

(貸渡手続)

第9条

当社は、ポートにおいて、自転車を会員に貸し渡し、会員はこれを借り受けるものとします。

2.自転車の貸渡しは、会員が自転車を使用する都度、ポートにおいて会員証により自転車を借り受け、使用を開始したことにより完了するものとします。

 

(貸渡条件)

第10条

当社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合、当該会員に対する自転車の貸渡しを行わないものとします。

(1)酒気を帯びていることが明らかである場合。

(2)麻薬、覚せい剤、シンナー等の中毒症状等がみられる場合。

(3)自転車の利用者と会員本人が同一の者でないことが明らかな場合。

(4)複数名で一台の自転車を使用しようとする場合。

(5)会費等の債務を3ヶ月以上滞納している場合。

(6)前各号のほか、自転車の使用が不適当であると当社が認める場合。

 

(貸渡しの解除)

第11条

当社は、会員が自転車の貸渡し中において、次の各号のいずれかに該当する場合、当該会員に事前に通知又は催告することなく、利用を解除し、直ちに自転車の返還を請求するなど必要な措置を講じることができるものとします。

(1)この約款に違反した場合。

(2)会員の責に帰する事由により交通事故を起こした場合。

2.自転車の貸渡し中において、天災その他の不可抗力により、自転車又はシステムの全部又は一部が使用不能となった場合には、貸渡しは途中終了するものとします。

 

第4章 時間料金

 

(時間料金)

第12条

当社が、この約款に基づき収受する料金は、自転車貸渡し時において実施している料金表によるものとします。時間料金は、当社の都合により予告なく変更することができることとします。

 

第5章 会員証

 

(会員証の貸与)

第13条

当社は、会員ごとに自転車の使用に必要な会員証を発行し、会員に付与します。

 

(会員証の管理)

第14条

会員は、会員証を善良なる管理者の注意をもって使用し、保管する義務を負うものとします。

(1)会員は、会員証を自己使用の目的にのみ使用するものとし、他の会員又は第三者に使用させることのないよう管理するものとします。

(2)会員が、会員証を変造し又は複製することは、これを禁じます。

 

(会員証の紛失・盗難・偽造)

第15条

会員は、会員証を紛失し、または盗難その他の不法な行為(以下「カード事故」といいます。)にあったときは、速やかに当社に連絡のうえ、最寄りの警察署または交番にその旨を届出るとともに、当社所定の届出書を当社あてに提出するものとします。

2.会員は、当社が求めた場合には、警察署による被害届出証明書等のカード事故に係る資料等を提出し、当該カード事故に関する当社の調査に協力するものとします。

3.カード事故により会員証を他人に利用された場合の損害は、カード事故の状況等に応じて、当社の定めるところにより、その損害額の全部または一部が補填されます。ただし、カード事故が次のいずれかに該当する場合には、上記損害の全部を会員が負担するものとします。

(1)会員の故意または重大な過失によって生じた場合。

(2)会員の家族、同居人、留守人等、会員の関係者によって利用された場合。

(3)当社の会員規約に違反している場合。

(4)地震、津波等の著しい社会秩序の混乱の際に紛失や盗難が生じた場合。

(5)1項の通知を当社が受理した日の30日以前に生じた損害の場合。

(6)会員が当社の請求する書類を提出しなかったり、当社の行う被害状況の調査に協力せず、または損害防止軽減のための努力をしなかった場合。

(7)その他、会員が当社の指示に従わなかった場合。

(8)会員の故意または過失により、登録された暗証番号が使用された場合。

4.偽造カード(第11条に基づき当社が発行し会員に貸与するカード以外のカードその他これに類するものをいいます。)の利用に係るカード利用代金については、偽造カードの作出または利用につき会員に故意または過失があるときを除いて会員の負担となりません。

 

(会員証の再発行)

第16条

会員証の紛失、盗難、破損、汚損等またはカード情報の消失、不正取得、改変等の理由により会員が希望した場合、審査のうえ原則として会員証を再発行します。

(1)再発行にかかる再発行手数料は別途公表いたします。

(2)審査のうえ合理的な理由がある場合はカードを再発行しない場合があります。

(3)当社は、当社におけるカード情報の管理、保護等業務上必要と判断した場合は、会員番号の変更が出来るものとします。

 

(会員証の破棄)

第17条

会員は、次の各号に該当する会員証について、会員証を利用不能な状態に切断のうえ破棄し、あるいは当社の指示により当社へ返却するものとします。 なお、会員が適切に破棄せず、あるいは当社の指示に従わなかったことにより、カード事故または不正使用が発生した場合は、その責任は会員が負うものとします。

(1)中途解約等により会員資格を終了または喪失した場合の当該カード。

(2)紛失したことにより会員証の再発行を受けた後、発見した紛失カード。

 

第6章 管理責任等

 

(管理責任)

第18条

会員は、自転車の貸渡しから返還までの間、善良な管理者の注意を以て、自転車を使用するものとします。

(1)会員は、前項に定める善管注意義務を怠って自転車を破損又は紛失させた場合、直ちにトラブル時、問い合わせ先にその旨を報告しなければならないものとします。

 

(禁止行為)

第19条

会員は、自転車の借受中において、次の各号に掲げる行為をしてはならないものとします。

(1)当社の承諾及び道路運送法に基づく許可等を受けることなく、自転車を運送事業又はこれに類する目的に使用すること。

(2)自転車を会員本人以外の者に使用させもしくは転貸し又は他に担保の用に供する等、当社の権利の侵害もしくはHUBchariの円滑な事業の遂行の障害となる行為をすること。

(3)自転車の車両番号標を偽造若しくは変造し又は自転車を改造もしくは改装する等、その現状を変更すること。

(4)当社の承認を受けることなく、自転車を各種テストもしくは競技に使用し又は牽引若しくは後押しに使用すること。

(5)法令又は公序良俗に違反して自転車を使用すること。

(6)当社の承諾を受けることなく、自転車について損害保険を付保すること。

(7)その他、第10条に定める貸渡条件に違反する行為をすること。

 

(賠償責任)

第20条

会員は、自己の責に帰するところにより、自転車に損傷を与えた場合又は自転車を汚損させもしくは臭気を発生させる等により他の会員による自転車の快適な使用を妨げる行為を行った場合、その損害を賠償する責任を負うものとします。

2.会員は、前項に定めるほか、会員の責に帰するところにより第三者又は当社に損害を与えた場合、その損害を賠償する責を負うものとします。

 

(違法駐輪の場合の措置)

第21条

会員は、自転車の借受中において、違法駐輪を犯した場合は、違法駐輪に係る反則金を納付するとともに、当該違法駐輪に伴う自転車の移動及び保管等に要した諸費用を負担する責任を負うものとします。

2.自転車の違法駐輪に関し、警察等から当社に照会又は連絡があった場合で、会員が、前項に定める対処を適切に行っていないときは、当社は、当該会員に対し、反則金の納付等及び自転車の返還等を指示するものとし、会員は、直ちにこの指示に従わなければならないものとします。

3.前項の場合において、自転車が返還されるまでの期間について、会員は当社に対し利用料金を支払うものとします。

4.会員は、自転車の違法駐輪に関して、警察官又は公的機関から法令に基づいた照会に対し、当社が会員に係る個人情報を提供することに同意するものとします。

5.会員が第1項に違反した時、もしくは前項の費用を支払わない時は、当社は会員のHUBchariの利用を停止することができるものとします。

6.HUBchariの利用が停止された場合でも、会員は利用料金等の支払義務を免れないことを異議なく承諾します。

 

(当社が違法駐輪に係る反則金等を一次負担した場合の措置)

第22条

前条に掲げる違法駐輪に関し、会員が、所定の期間内に違法駐輪に係る反則金又は諸費用を納付せず、これらを当社が負担したときは、会員は当社に対し当社が支払った一切の費用を賠償するものとします。

 

第7章 事故・盗難等の場合の処置

 

(事故処理)

第23条

会員は、自転車の借受中において事故に遭った場合は、事故の程度にかかわらず法令上の措置を適切に講じるとともに、次に定めるところにより対処しなければならないものとします。

(1)直ちに事故の発生の事実及びその状況を最寄の警察署に通報すること。

(2)直ちに事故の発生の事実及びその状況をトラブル時問い合わせ先に連絡し、指示にしたがうこと。

(3)当該事故に関し、ご自身が加入している損害保険会社、あるいはご自身で責任を持って対処すること。

(4)自らの責任において事故の円満な解決に最大限努めること。

 

(盗難の処理)

第24条

会員は、自転車の借受中において当該自転車の盗難の被害に遭った場合は、次に定めるところにより対処しなければならないものとします。

(1)直ちに盗難の被害に遭った事実及びその状況をHUBchari事務局に連絡し、指示に従うこと。

(2)盗難被害に関しては、自転車代金として10,000円を請求します。

 

(故障時の処理)

第25条

会員は、自転車の借受中において当該自転車の故障や異常を察知したときは、直ちに自転車の使用を中止し、最寄りのポートへ押して移動又は故障や異常を察知した旨及びその状況をHUBchari事務局に連絡し指示に従うものとします。

2.会員は、自転車の借受中における故障又は異常により、自転車を使用することができなくなり損害(利用中の故障に伴い他の代替交通手段を利用した場合の費用も含む)が生じても、当該損害の補償を当社に請求できないものとします。

3.会員は、自らの責に帰すべき事由により自転車に故障又は異常を生じせしめた場合には、当該自転車の移動運搬及び修理に要する費用を負担するものとします。

4.当社は、自転車の故障又は異常が貸渡し前に存した瑕疵によるものである場合には、当該会員に対して時間料金を請求しないものとします。

(不可抗力による免責)

第26条

当社は、天災その他の不可抗力の事由により、会員が自転車を当社に返還することができなくなった場合、これにより生ずる当社の損害について会員の責を問わないものとします。この場合、会員は、直ちにトラブル時問い合わせ先に連絡し、指示に従うものとします。

2.会員は、天災その他の不可抗力の事由により、当社が貸渡しをすることができなくなった場合、これにより生ずる会員の損害について当社の責を問わないものとします。

 

第8章 返還

 

(返還手続)

第27条

会員は、貸渡し日の営業時間終了時刻までに、任意のポートに自転車を返還するものとします。

2.自転車の返還は、ポートにおいて会員が支払いを行う事により完了するものとします。

3.会員は、自転車の返還に際し、自転車の車体及び付属品に、金品、荷物、ゴミ等の遺留物がないことを確認するものとし、通常の使用による磨耗を除いて、自転車を借受けた状態で返還するものとします。

なお、自転車の返還後における遺留物の遺失について当社はその責を負わないものとします。

4.会員は、自転車の返還を貸渡し日の営業終了時刻までに行えない事態となった場合、HUBchari事務局に連絡するものとします。この場合において、会員は、第24条第1項に定める場合を除き、貸渡し期間の延長に係る超過料金(貸出延長期間に応じて、1日毎に営業時間外貸出料金500円と1日レンタル料金最大1,500円)を支払うものとします。

5.会員は、任意のポートに自転車を返還できない事態が生じた場合には、直ちにトラブル時問い合わせ先にその旨を連絡し、指示にしたがうものとします。この場合において会員は、返還場所の変更によって必要となる自転車の回送費用等の実費相当額を支払うものとします。

 

(返還未了の場合の措置)

第28条

当社は、貸渡し日の営業終了時刻を経過してもなお会員が自転車を返還せず、かつ、当社の返還請求に応じない場合、又は、会員が所在不明になるなど自転車が乗り逃げされたと認められる場合は、刑事告訴を行う等の法的手続の措置をとることができるものとします。

2.当社は、前項に該当することとなった場合には、通信機器などあらゆる方法により、自転車の所在を確認することができるものとします。

3.会員は、第1項に該当することとなった場合、当社に生じた損害を賠償する責任を負うほか、自転車の回収及び借受人の探索に要した費用を負担するものとします。

 

第9章 雑則

 

(個人情報の利用の同意)

第29条

会員は、当社が下記の目的で会員の個人情報を収集または利用することに同意するものとします。

(1)当社において取り扱う商品・サービスあるいは、各種イベント・キャンペーン等の案内を目的とした宣伝印刷物送付のために利用すること。

(2)商品開発、顧客満足度向上策等のための情報収集を目的としたアンケート調査を実施すること。

2.会員は、当社が下記2-1.に記載した範囲において、会員の個人情報を2-2.に記載の提出先へ提供することに合意します。但し、会員はいつでもこの個人情報の提供の停止を求めることができます。

2-1.提供する情報

利用車種、用途、借受開始日時等の自転車の借受に関する情報及び会員の氏名・住所等の個人情報。

 

2-2.提供先及びその利用目的

(1)提供先:当社と情報提供契約を結んだシステム会社

利用目的:会員に商品・サービス等についての情報を提供する等営業に関する案内・対応を行うため

(2)提供先:当社と情報提供契約を結んだクレジット会社

利用目的:会員に、クレジット会社の加盟店契約、利用代金を請求するため

(3)提供先:当社と情報提供契約を結んだ金融機関

利用目的:会員に口座振替による利用代金を請求するため

(4)提供先:当社と情報提供契約を結んだポートを管理する店舗及び企業

利用目的:会員が登録を行ったポートの各種イベント・キャンペーン等の案内を目的とした宣伝印刷物送付のため

※ 会員自身が登録を行ったポートを管理する店舗及び企業のみへの提供

 

(規約の変更)

第30条

会員は、本規約に変更が生じ、会員に重大な影響を及ぼす場合は、当社はあらかじめ会員に変更事項を通知するものとします。

2.通知書到着後、会員が会員証を利用したときは、会員は変更内容を承認したものとみなされることに異議ないものとします。なお、本規約と相違する規定または特約がある場合は、当該規定または特約が優先されるものとします。

 

(消費税)

第31条

会員は、この約款に基づく取引に課される消費税(地方消費税を含む)を当社に対して支払うものとします。

 

(遅延損害金)

第32条

会員は、この約款に基づく金銭債務の履行を怠ったときは、当社に対し年率14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとし、この支払いに要する振込手数料は、当該会員の負担とします。

 

(準拠法)

第33条

この約款の準拠法は日本法とします。

 

(管轄裁判所)

第34条

この約款に基づく権利及び義務について紛争が生じたときは、大阪地方裁判所を管轄裁判所とします。

 

 

附則

 

この約款は、平成24年4月1日から施行します。

PAGE TOP