使い方と料金

スマート会員の保険について

HUBchariのスマート会員システムでは、下記の保険が適用されます。

サイクルシェアリング事業には利用者のおケガ等に対応する各種損害保険を付保しており、万一の場合、以下のような補償を受けることができます。補償限度額を超える損害については、利用者の負担となります。
※なお、各保険の詳細については、利用規約をご参照ください。

ケース 保証する費用
ご自身の怪我 死亡1千万、 通院5000円/日
入院2500円/日
第三者への補償 対人・対物の補償(1事故2億円)
対人:2億円
対物:2億円

<特約>
• 訴訟対応費用補償
 支払限度額 1事故・保険期間中1,000万円
• 初期対応費用補償
 支払限度額 1事故・保険期間中1,000万円
• 被害者治療費等補償支払限度額
 1名につき 50万円
 (見舞品購入費用3万円)
  1事故・保険期間中1,000万円

アナログ会員の保険について

HUBchariは、自転車貸付事業において、万が一の事故が生じたときのために、
損保ジャパンの「施設所有管理者賠償責任保険」に加入しています。

HUBchariに関する「施設所有管理者賠償責任保険」とは、シェアサイクル業務遂行の際、弊社スタッフの過失(自転車の整備不良など)により発生した事故に限り、有効な保険です。お客様に身体の障害または財物の損壊を与えた場合、弊社に代わって法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害を担保するものです。一事故につき、5000万円まで支払われます。賠償責任保険の中で主要かつ一般的なもののひとつとなっています。

また「新民事訴訟法」に対応した、賠償責任保険として支払う金額は以下の通りです。

ケース 保証する費用
対人事故の被害者に対する
見舞金または見舞い品購入費用
被害者1名につき1万円まで
保険期間中を通じ50万円まで

※のちに賠償保険金を支払う場合には、その一分に充当します
損害賠償請求訴訟に
対処するために
保険期間中を通じ、
1,000万円まで

• 相手方または裁判所に提供する文書の作成に要する費用
• 超過勤務手当などの人件費、交通費・宿泊費
• 事故再現実験・原因調査費用
• 意見書・鑑定書作成のための費用
事故発生当初、
賠償責任が生じるおそれのある場合
• 事故現場保存・記録・取り片付け費用
• 事故原因・状況調査費用
• 事故現場に赴くための人件費・交通費・宿泊費
• 通信費

詳しくはこちらでご確認ください

PAGE TOP